*le chemin*
lechemin.exblog.jp
Top
突然の出来事。

f0204525_72198.jpg
私が20歳から10年近く務めた会社の同期の女性の訃報が届きました。

私は会社を辞めてもう丸13年。彼女はずっと働いて、管理職になっていました。
まじめで責任感が強く忍耐強い彼女は、大変なことがたくさんあっても頑張ってました。
その彼女が出張先で・・・


長男の出産で会社を辞めた私が子育てに一息ついて、やっと梅田に一人で出かけれるようになった時、ふと思いついて10数年ぶりに会社に電話をして彼女をランチを誘ったのは去年の夏でした。

彼女は突然の電話でも喜んでくれると思ってドキドキしながら電話をしたら・・・運よく事務所に居て、昔よくお昼を食べた場所で待ち合わせ・・・ 長いブランクなど吹っ飛んでました。

今年の春には私がAreaで参加したイベントに来てくれて、夏にはふらりと一人でお店にやってきて、「会社を最近休んでるねん・・・」って・・・ずっと頑張り続けたまじめな彼女がしばらく休むって、心身ともに相当疲れているんだと思って、「今まですっごい頑張ってんから、いっぱい休みやっ~~!!」って私は何度も言ってました・・・

その日のお店はのんびりした日で、午後の2~3時間ゆっくり二人で、お店に並んでる眼鏡を片っ端からふざけながらかけたり、私が作った携帯のネックストラップを気に入ってくれて、長さを何度も体に合わせながら調整して今まで作ったことが無いくらい短いものになったから「え~短すぎひん??」って聞いたら「これで丁度!」って喜んでくれたり・・・。
部屋に置くグリーンを長い時間あ~だ、こ~だ~とウロウロ2人で選んだり。
そして、重くつらい話をクールに話す彼女に私が一人ぽろぽろ泣いたり・・・ イロイロ思い出します。

「また、来るからね!」って笑って別れた彼女を今もはっきりと覚えています。

その後は「hanakoにお店が載ってたね~」とか、私がパン作りを習いにに行ったパン屋さんに「私も行って楽しかったよ~」とかメールをもらってました。

あのビルには彼女が居るから、いつでも会えると思ってました。

そのほんの数か月後、まさか彼女の訃報が届くとは・・・
あの、たった数時間の普通に楽しい時間が大事な時間になるとは思いもよらず・・・・・もっと会う機会を作れば良かった・・・。あの時間は永遠に忘れられない時間になりました。

このブログを時々覗いていると言っていたので、とてもつらい話ですが書かずには居られませんでした。

今はただ心からご冥福をお祈りしています。
[PR]
by le-chemin | 2009-12-05 01:12 | days